3月3日 | 静岡のタイ古式マッサージ&カフェ wai room

スタッフブログ

3月3日

2013年03月05日

セラピストの栗田琴美です!

とうとう3月です。。。

3月3日です!

といってももう5日ですがw

 

三日と言えば雛祭り兼両さんの誕生日ということで印象的ですねー

先日のテレビでは、とある芸人がタイの水かけ祭りに参加するというひな祭りにちなんで長時間放送していたそうです。

お祭りという観点でひな祭りとかけたのだとおもいますっ。

 

この水かけ祭り・・・これは、タイの正月を意味します。

タイのお正月は特殊で三回やってきます。

第一に世界共通の一月一日、太陽暦の正月で、役所などでは大みそかから三日間休みます。

第二に一月下旬か二月上旬の旧正月。月の動きを基準にした陰暦の新年で、タイの人々は「中国正月」とよび、中国系の人々が経営する会社は休みとなります。中国人は新年の幸運を願って、紙幣を模した新聞紙などを燃やします。

最後に四月十三日から一週間近くにわたって祝われる「タイ正月」で、これは星座の動きを基準とした新年です。仕事や勉強で都会に出ている人たちもほとんどが故郷の村に帰って、にぎやかな正月行事に参加します。

 「タイ正月」は、「ソンクラーン」とか「水かけ祭」ともよばれ、十一月から続く乾期の終わりにあたり、残り少なくなった庭先の水がめから水を汲んで、愛する人たちにかけあう「水かけ」の伝統行事と重なりあっています。

またこの時期は、タイで最も暑い季節で、子どもたちは三月二十日頃から四月いっぱい、学年休み兼夏休みなのです。

 四月十三日の前夜までに村の人々は手のひらに一握りずつの砂や土を持ってお寺に集まり、それを境内に積み上げてパゴダを築き、まわりを花で飾ります。

 十三日の当日は、早朝、村中の老若男女がお寺に集まりお祈りをしたあと、お坊さんから村の長老たちへと、全員の手のひらに水をかけ、そのあとは村人どうしが勢いよく水をかけあいます。

この日からほぼ三日間、スポーツ・文化・娯楽の諸活動をくりひろげます。

 こうしてタイでは、十二月五日の国王誕生日の祝賀イルミネーションから四月半ばの「タイ正月」までおよそ半年近く、国をあげてのお祝いムードが続きます。

 東京でも十数年前から、毎年四月には、タイ人留学生を中心とした実行委員会主催による「ソンクラーン祭」が開催され、およそ三千人のタイ人やタイ好きの日本人が集まっています。

みなさんもこれに常時で、水をかけあってみては?!
いまの時期さむすぎですがw

 


    関連する記事はありません。
キャンペーン ご新規様 キャビテーション

アクセスはこちら

お問い合わせ

このページのトップへ

タイ古式マッサージWairoom

タイ古式マッサージ&カフェ in 静岡 「wai room」
〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町8-3 最上ビル4階
JR静岡駅・新静岡駅から徒歩3分、静岡パルコ・マルイ・松坂屋から徒歩30秒
営業時間(平日):12:00~23:00/(最終受付22:00)
営業時間(土日祝):11:00~23:00/(最終受付22:00)
定休日:月曜日 TEL:054-252-0115